(有)岡部塗装店が『色』を徹底研究


by ocabe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第5回 寒色

冬場に「寒色」なんて聞くと、なんとなく避けたいと思いますが、コレが夏になると心地よさそうに聞えるから不思議です。でも、寒色だって1年を通じて立派に使える色なんですよ。

代表的な使用方法は寝室です。
薄いブルーを寝室に使用すれば心が落ち着き、安眠できるそうです。冷え性の人などは半信半疑でしょうが、色彩心理では初歩の初歩で良く知られています。目をつぶってしまう場所の色ですから目で感じると言うより肌で感じるのでしょうか?そういえば、シーツなども淡いブルーやグリーンもありますものね。

寒色と言って、先ず始めに思い出すのが「青」ではないでしょうか?
青は反省の色といわれるぐらい人の心を落ち着かせます。買い物衝動ですら抑えてしまうこともあるとかで、見た目にもクールでスマートなデザインを得やすいのですが店舗内の青の配置には十分な注意が必要です。ずいぶん前のことですが、ある青を基調としたサインデザインのコンビニエンスストアがセブンイレブンに対抗すべく勢いを増していました。今でも業界ではトップのほうにいるのですが、どうしても王者セブンイレブンには勝てないようです。このことを上手く応用する方法としては、何か事を起こす前に一度「青」を見てから、もう一度考えて見ると判断の誤りが少なくて済むのではないでしょうか。

次に寒色と言って思い出すのが「緑」を上げる人が多いです。
先ほど「冬場に寒色は避けたがる人が多い」と書きましたが、これがトコロ変わると、人の気持ちも変わります。ある実験で代表的な色のクレヨンを地球上の様々な地域で子供たちに配ったそうです。その実験内容とは「人は住むところによって好む色が違うか?」と言うものでした。その実験は見事に地域によって違いを表し、結果として緑を好んだのは極点に近い寒い地域の子供たちで、緑のクレヨンに群がったそうです。これは降り注ぐ太陽光の違いが地域差を生むらしいと言われていますが、本当のところは良く分かりません。ただ、寒い地域だから寒色を避けると言うわけではないと言うことです。

次回は、今回の好まれる色の地域差について少し触れたいと思います。
[PR]
by ocabe | 2006-01-29 18:09 | 色のおもしろ放話し

第4回 暖かい色

 12月からの寒波で寒い日が続きますね。
通年よりグッと低い気温のため灯油も野菜も高騰して家計を直撃です。

 ご存知だと思いますが色には「暖色」と{寒色」と呼ばれるグループがあります。確か小学校3~4年生ぐらいで概要は習うと思います。私が習ったときは「昼の色」と「夜の色」と言うようなタイトルだったような記憶があります。

今回は「暖色」についてお話します。

 暖色とは読んで字の如く、暖かさを感じる色です。代表的な色ですと赤、茶、黄など・・。もちろんそんなハッキリした色ばかりが暖色であるわけではありません。ベージュなども暖色の部類に入ります。代表的な効果としては、冬に暖色系のインテリアで部屋を模様付けすると、寒色系で模様付けした時に比べ何度か暖かく感じます。
 このことは比較的有名な効果なのですが実は他にもいろいろな効果があります。実は暖色系は人々の心を和らげる効果があるのです。夫婦仲が悪いご夫婦はインテリアをよくごらんになってみると良いでしょう。もし、青などの寒色系でまとめていらっしゃるようでしたら、寝室も含め暖色系に模様替えすることをオススメします。特に寝室は暖色系を通り越して赤やピンクなどを用いると良いでしょう。また、兄弟喧嘩ばかりしているお子さんたちの部屋の内装も確認してみると良いでしょう。もしかすると暖色系ではないかもしれません。
この話しは、あくまでも一般的な人の場合を例ですので、中には例外もいますのでご注意を!

 企業などは上手く応用すれば生産効率や欠勤率も減らすことが可能です。例としては、工場などの天井が高く、どうしても寒く感じる場所は暖色系を用いて少しでも寒々しいイメージを取り払うと良いかと思います。

以上のことは、色彩を上手に使えば現れる効果ですので、もしご興味がありましたらぜひ弊社にご相談ください。

次回は「寒色系」についてお話します。
[PR]
by ocabe | 2006-01-20 10:47 | 色のおもしろ放話し

第3回 白と黒 その3

今回は「白」と「黒」が人間にはどのように見えるかを少しだけお話します。

この話は、ご存知の方も多いかと思います。同じ大きさ、同じ重さで白と黒の2つの箱を用意して被験者(実験に協力してくれる人)に2つの箱を持ち比べてもらいどちらが重いかと尋ねると、ほとんどの人が「黒い方」と答えるそうです。今度はどちらが大きいかと尋ねると「白い方」と答えるそうです。「そうです。」と書いたのは実際に見たわけではないのでそう書きましたが、これはきちんとした実験の結果なので、予想ではく本当の話です。

「黒」のほうが重く感じると言うことを踏まえると色々なことに応用出来ます。
引越しに使う箱などは「白」にすれば同じ重さであっても、軽く感じて運ぶ人間にとっては楽に感じます。逆に丁寧に扱って欲しい場合や、、少し高級感のある演出をしたい場合には「黒い箱」にすればよいのです。

「白」が大きく見えるということを知っていれば、痩せて見せたい人は白っぽい色の服を控えればよいのです。しかし、ファッションと言うのは難しいもので、少しポッチャリした女の子が白い服を避け、黒い色を着ている場合がありますが、シーズンによっては(?)白い色を着てカワイク見える場合もあります。あくまでもコレは感覚の問題ですので、当てはまる人と当てはまらない人があります。しかし知っているだけで応用する範囲がぐっと増えるのではないでしょうか?

最後に自動車の色の「白」と「黒」についての予想を、お話します。
この数年は「白い」くるまが流行りましたが、そろそろ「黒」の時代が再びやってくるのではないかと思っています。コレはいろいろなメディアや「おしゃれさん」達がいる街中の車の色を見ていながら感じたものなのですが「黒」が来始めているような気がします。今は個性の時代ですから白と黒にこだわらなくても好きな色がのれますが、スタンダードカラーはやはり白と黒なのではないかと思うのです。そう考えますと、溢れ返っている「白い」車より「黒い」車が流行ってくるのは必然ではないでしょうか。
この結果は1~2年後には判明するでしょう。

次回は「暖かい色」についてお話します。
[PR]
by ocabe | 2006-01-14 14:18 | 色彩心理学

第2回 白と黒 その2

前回は白と黒を屋外で使用した場合についてお話いたしましたが、今回は屋内で使用した場合についてお話いたします。

色は屋外と屋内では見え方も違います。屋外の場合は全体の中の一部であったものが、屋内では目に入る多くを占める色となりますので、色が人間に与える影響は少なくありません。今回はそんな室内の色について「白」と「黒」を例にとってお話します。

先ずはあまり使われない「黒」のことをお話しましょう。
壁や天井に黒を用いた場合、第1回でお話したことをご理解頂いた人にはなんとなくわかると思いますが、光が吸収され室内は暗く感じます。白い壁のはやと同じような明るさを求めるとより多くの光が必要となります。
「でも光が吸収され奥行きがあるように感じ、室内が広く見えるのではないか?」とお考えになるかもしれませんが、コレは逆なのです。なんと黒い色のほうが圧迫感を感じるのです。ある実験では何人もの人に同じ高さの天井にそれぞれ白と黒の色を塗って、目測で高さを予想してもらったところ白い天井に比べ黒い天井は約20cmも低く感じ取られたそうです。最近のお店は高さのある天井の鉄骨や配管などをそのまま見せるデザインがあり、天井を黒一色で塗っている場合がありますが、もし、それを見て普通の家の天井を黒一色にすると大変圧迫感があり肩をつぼめなくてはいけないと感じるような部屋となってしまいます。

白は、言わずもお判りかと思いますが、黒とほぼ反対の効果があります。
光はもちろん反射し、同じライトを使用すれば黒い壁の部屋よりも明るく感じられます。そのために室内は白を基調とした色が多く使われます。
もし窓も何も無い部屋を白一色にすると、平衡感覚は麻痺するようですが、部屋自体は大変広く感じられます。映画などでも天国や電脳世界の中を表現するときに白一色の部屋が使われますが、画面を通して観ると無限に広がっている大きな部屋のように感じられます。

次回も「白」と「黒」についてもう少しお話します。、
[PR]
by ocabe | 2006-01-10 11:55 | 色彩心理学

第1回 白と黒

第1回目は「白」と「黒」のお話しをしたいと思います。
白と黒というのは真逆の色のようですが厳密に言うと違います。ほぼ逆の位置にある色といったほうがよいのかもしれません。特に塗料や絵の具などの「色を付ける」モノとしての白と黒はほぼ逆の位置にある色と認識するのが良いかもしれません。

詳しい講釈は別とした「白」と「黒」の効果についてお話しましょう。
先ず光の反射率についてです。
一般的に白と呼ばれるものは反射率が90%近くあります。もちろん素材によってその値は違い、70%台後半でも白と呼ぶものもありますがココでは無視してください。今度は黒と呼ばれるものですがこれは20%以下のものが多いです。いわゆる黒光りと言う表現があるように黒=0%とするのはありえません。
コレを建築に応用しますと、いろいろな面で面白い効果を得られます。
工場の屋根などは一般的にブルーをお使いの企業が少なくありませんが、コレを白に変えれば夏場の冷房効果は驚くほど上がります。最近流行の遮熱塗料と言うものがありますが、同じ色なら遮熱塗料も一般塗料も実感できるほど違いはありません。それが白っぽい色にした途端にその効果は実感できます。冬場の畑が黒いビニールで覆われているのは、その逆の効果を利用したものです。

他にも白と黒についてはありますので、次回へつなぎたいと思います。
[PR]
by ocabe | 2006-01-05 13:36 | 色のおもしろ放話し

色の研究所 活動開始!

はじめまして!
塗装とリフォームの(有)岡部塗装店です。
首都圏を中心に多くのお客様よりご支持を頂き、今年で創業106年目となりました。おかげさまで塗装部門においてはブランドとして高く認識されるようになり、高級住宅を中心に難しい工事の依頼が多数舞い込みますが、その分ヤリガイもあります。妥協の無い仕事を求める本物が分かるお客様ばかりですので、当方もそれなりの研究は怠っておりません。
そんな研究結果の中から注目の「color(色)」の事柄をLab(研究所)と言うかたちで皆さんにもご紹介したいと思います。もちろん同じようなご商売をなさっている方もどんどんご覧ください。

※当社は自信をもって高品質な工事を提供しています。例としては都内のある高級住宅は立派なウェブページをお持ちの某社さんが施工しましたが、お客様が気に召さいとの理由でわずか半年足らずで当社にて施工しなおしました。もちろん満足頂き、長野県内にお持ちの別荘も施工のご依頼を受けています。
[PR]
by ocabe | 2006-01-02 17:09 | カラーデザイン