(有)岡部塗装店が『色』を徹底研究


by ocabe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第6回 地域によって好まれる色

お待たせしました。久しぶりのアップです。

太陽の色は?
と言う質問に多くの日本人は「赤」と答えるそうです。
この太陽の色というのは生まれ育った地域によって感じ取られ方が違うようで、赤道に近い国の人は黄色が太陽の色というようです。

この太陽の色が人間(住む人)の好む色に大きな影響を与えていると言われています。
「太陽はどこでも同じでしょう?」と言われるかもしれませんが、全然違います。光の強さが違うのです。ロンドンと比較するとホノルルは2倍、ケニアは2.25倍の強さがあります。ですから、常に太陽がサンサンと輝いている赤道の近くでは暖色系の鮮やかな色が好まれ、曇りがちな井戸の高い国では寒色系の薄い色が好まれます。これはパレット効果と言われていまして、鮮やかな色には鮮やかな補色、淡い色には淡い補色で人間は満たされるそうです。

そう言えば、知人がアメリカで淡い色のジーンズにピンク色したウェスタンブーツを合わせて買ってきた事がありますが、日本では恥ずかしくて履けないといっていました。「現地で見たらカッコ良かったのだけどな・・・?」と言っていましたが、今考えれば太陽のせいだったのですね。

ちなみに東京は緯度的にも中間ですので、グレーやベージュ等のパステルカラーが好まれるそうです。ちなみに私が建物の色を選定する時にはもちろんこの理論を活用しています。

次回は、色で違う時間の経過の感じ方についてお話します。
[PR]
by ocabe | 2006-03-08 15:26